伊達納豆

たかが納豆 されど納豆 北海道 伊達市

Slide image
Slide image
Slide image
Slide image
Slide image
Slide image
Slide image

伊達納豆

たかが納豆 されど納豆 北海道伊達市で昔からの製法、天日干し、自然状態で作り上げた黒豆。この黒豆を黒豆納豆本来の味、甘み、旨さをひきだして、ひとつひとつ丁寧に手作業で詰め、ふっくらとした黒豆納豆に仕上がりました。

たかが納豆、されど納豆

ひと様が、お寝すみの真夜中に、納豆は静かに造られています。
一粒ひと粒の豆にも個性があります。見合った豆同士選りすぐり、丹念に熟成の生命を与えます。
地味な職人の手作り作業の繰り返しです。スピード時代。ハイテクの世代とも全く無縁の世界がここにあります。
納豆は悠久の歴史を経た日本の伝統食品です。伝統に魅せられ、こだわり続け、ひたすら地味な納豆造りに"誇り"を持って今日を生きております。

【先代社長の格言】
私と女房は生まれる前から、小指と小指は納豆の糸で結ばれていました。
あらゆる分野で伝統を受け継ぐ職人達は、一様に利の恩恵とは程遠い生活をしています。
唯一"誇り"だけが財産なのです。
究みの果てない納豆造り、時代のニーズにあった食べ方。
より栄養価を高めたい。これぞ本当の納豆だと自他共に認められるものを造りたい。
日本人の嗜好に合い、栄養価を確証し続けた納豆の食品寿命は無限だと自負します。

トピックス

納豆効果

納豆効果

納豆効果 納豆は、人体に不可欠な必須アミノ酸群をバランス良く含んでおり、ビタミンB2・E・Kなどのビタミン群、カリウム・亜鉛・カルシウム・鉄などのミネラル成分、食物繊維など栄養素も豊富な食品です。 納豆菌がつくる酵素のひとつに近年話題の『ナットウキナーゼ』があります。 数ある食材の中でも納豆だけが含む酵素で、血液の流れ…
7月10日は納豆の日

7月10日は納豆の日

7月10日は納豆の日 7月10日は「納豆の日」これは1981年、関西での納豆消費拡大のため、関西納豆工業協同組合がなっ(7)とう(10)の語呂合わせで制定したもので、1992年、全国納豆工業協同組合連合会が改めて「納豆の日」として制定しました。
ウインザーホテルで採用されました。

ウインザーホテルで採用されました。

ウインザーホテルで採用されました。 ウインザーホテルの和食レストランの朝食メニューに伊達納豆が採用されました。 和食レストラン料理長のオーダーにより、伊達産黒豆を使った伊達納豆を特製の小さなパッケージとなりました。 雑誌などに掲載されたことで全国からお問い合わせを頂いていますが、現在製造販売は休止させて頂いております。…
製造・販売をしています。

製造・販売をしています。

完全な製造体制ではありませんが、少しずつ種類と量を増やしています。 どうぞこれからもご愛顧のほどお願い申し上げます。
Return Top